もりおか一級建築士事務所 ~元・大工が成し得る細やかな設計~

  • 079-506-6167
  • インターネット 24H 受付

注文住宅づくりの成功ポイント

マイホームを建てるときに知っておきたい3つのこと マイホームを建てるときに知っておきたい3つのこと

マイホームは人生の中でもっとも大きなお買い物。新築注文住宅を建てるうえで押さえておきたいポイントをしっかり守って、後悔のない大満足の家を手に入れましょう!

【予算計画のポイント】どこにいくらかかるかを確認しましょう!

予算計画のポイントどこにいくらかかるかを確認しましょう!

予算を立てる際は、土地代と建築費以外にも火災保険費や登記費(司法書士予算)などいろいろな費用がかかります。あらかじめ、何にいくらぐらいかかるのかを確認しておきましょう。

建築自体にかかる費用
  • 建物工事費(建材や人件費含む)
  • 設計管理費
土地にかかわる費用
  • 土地代金(手数料、所有権移転費含む)
  • 解体工事費
  • 地盤改良工事費
  • 外構工事費
融資にかかわる費用
  • 融資手数料
  • 保証料
  • 火災保険費
  • 抵当権設定費
諸費用

建築地の高低差や水道設備の引き込みの有無など、建築物を取り巻く環境は工事に入らなければわからない場合があります。そういった費用をまとめて諸費用といいます。

  • 確認申請・検査手数料
  • 登記費(解体した場合)
  • 税金(不動産取得税、登録免許税など)

ココもチェック!住宅ローンではつなぎ融資を活用しましょう

住宅ローンではつなぎ融資を活用しましょう

ローンを組む際には無理のない返済計画を立てることが大切ですが、住宅ローンはすぐに融資が受けられるものではありません。融資が受けられるまでの期間をつないで借り入れる融資「つなぎ融資」が必要です。ただし、つなぎ融資は金利が高いので住宅ローンの手続きは早めに行い、融資期間を最小限に抑えるようにしましょう。

ココもチェック!住宅ローンではつなぎ融資を活用しましょう

オープンシステム専用の住宅ローン「OSフラット35」

「フラット35」は、最長35年の長期固定金利住宅ローンです。全期間固定金利の住宅ローンなので返済計画が立てやすく、返済額が変わらないので安心です。この「フラット35」を、後述の「オープンシステム」に対応させたのが「OS(オープンシステム)フラット35」です。

「オープンシステム」は、施主様が専門業者に直接工事を発注するという依頼方法です。元請や下請会社がなく中間マージンが発生しないため、従来方式に比べると一般的に20%ほど建築費用を抑えられます。当事務所はお客様のオープンシステムのご利用をサポートしながら、「OSフラット35」についてもご案内しております。お気軽にご相談ください。

オープンシステムについて

★OSフラットの特徴★
★OSフラットの特徴★
  1. 金融機関にオープンシステムの説明は不要です。
  2. 手続きは郵送可能なので兵庫県から簡単にご利用頂けます。
  3. 分離発注に対応した安心のつなぎ融資制度も完備!自己資金の少ない方でも安 心です。
  4. お手続きはもちろん、資金計画等についても専任の担当者がお客様をサポート しています。
  5. 金利はフラット35の最低水準金利でご提供します。

【土地探しのポイント】安くても狭い土地には要注意!

土地探しのポイント安くても狭い土地には要注意!

安いというだけで土地を選ぶのはやめましょう。たとえば、10坪程度の土地は比較的安く購入できますが、一般的に10坪以下の狭い土地のニーズは少なく、将来売ろうとしたときに売り手が見つからなくなってしまいます。

ココもチェック!地域性も考慮しましょう

地域性も考慮しましょう

地域によってその風習や文化などは異なります。自身の生活スタイルに合うのかどうかを考慮することで、「イメージとズレている」「自分らしくない」といった土地選びの失敗が避けられます。

【業者選びのポイント】意思疎通が図れる業者に頼みましょう

業者選びのポイント意思疎通が図れる業者に頼みましょう

世界にたったひとつの住まいですから、こだわりたい部分もたくさんあるはず。そのこだわりが叶うかは、業者といかに意思疎通を図れるかで決まります。打ち合わせなどでしっかりコミュニケーションがとれるかが重要なポイントになってきます。

ココもチェック!使い勝手を考えてくれる業者を選びましょう

使い勝手を考えてくれる業者を選びましょう

言ったとおりのデザインになったはいいものの、住みにくければ元も子もありません。奇抜なデザインに応えてくれる業者もいますが、できれば使い勝手まで考慮してくれる業者が安心です。あなたが使い勝手にも配慮すると同時に、業者にも「このデザインだと使い勝手はどうなりますか?」と聞いてみましょう。

大工兼一級建築士もりおか一級建築士事務所の特徴

  • PAGE TOP