「オープンシステム」で価格が見える家づくり


安心の家づくりのために。私たちはオープンシステムを採用しています

オープンシステムとは、設計士のサポートを受けながら、施主様が専門業者に直接工事を発注するという依頼方法です。分離発注方式とも言います。工務店にすべてを任せる依頼方法よりも、以下の様なメリットがあります。

オープンシステムのメリット

「オープンシステム」で価格が見える家づくり

「オープンシステム」で価格が見える家づくり

「オープンシステム」で価格が見える家づくり

施主様が建築家のサポートを受けて専門業者を選定し、施主様が専門業者と個別に契約する事になります。施主様が「工務店」の役割を果たすことになるので、意向が直接現場に届き、希望に沿った家づくりができるはずです。直接発注のため、中間マージンが発生しないのでコストも削減できます。

オープンシステムのメリット

「オープンシステム」で価格が見える家づくり

従来の家づくりは、工務店に依頼してあとはすべてお任せというのが一般的だと思います。しかし、工務店は設計士に依頼するうえで手数料や管理料などの中間マージンがかかっており、施主様の見えないところで負担が発生しているのです。

一方、オープンシステムは設計士に工事全般を委託することでアドバイスを受けながら自分で工事業者と契約を結びます。これにより、従来の家づくりで余計にかかっていた中間マージンがかからなくなるのです。

無駄を省くことで低予算でも高品質の家創りを実現しました

ヒミツ1 自社一貫対応で中間マージンをカット!

一級建築士というと設計や構造計算などが主な業務で、施工や現場監理は工務店・建設会社に任せるイメージが強いかもしれません。一方、当事務所の代表は大工兼一級建築士ですので、設計から構造計算、施工監理まで全部一人で行います。中間マージンはかかりません。

ヒミツ2 大工経験を活かし設計・建築費用をコントロール!

お客様と綿密な打ち合わせを行い、こだわりたい部分にお金をかけて、かけないところはかけないことで、少ない予算でもイメージどおりの住まいができあがります。住まいのどこにお金をかけるべきかについてはご相談に乗りますので、ご安心ください。

一切の無駄を省いて余計なお金をかけないこと、それが少ない予算でも高品質の住まいが建てられる理由です。ご予算のご相談もお気軽にどうぞ。

無料相談・お問い合わせ

大工兼一級建築士もりおか一級建築士事務所の特徴

事務所概要